湯シャン&肌断食!~アラフォー主婦の実録画像

湯シャンと肌断食に2度目のチャレンジの44才主婦。プチ肌断食は2年ほど続け、超乾燥肌になり断念。今回は様々な工夫をし再チャレンジ

湯シャンの後、クエン酸リンスを使うのはアリか?使うならコレ

sponsored link

 

湯シャンの後、クエン酸リンスを使ったことがあるのですが、なんだか髪がしっくりこなくて、すぐに止めた経験があります(^_^;)クエン酸は、濃度を決めるのが難しいし、髪も自然に色が落ちてしまうということで、自分的に『嫌かも』と思いました。クエン酸リンスの後も、髪がきしむ感じが嫌でした^^;

f:id:kangokyu:20170209172613p:plain

昔、ア◯レ化粧品を使っていた時、美容部員さんから『白い石鹸で頭を洗って、その後はお酢でリンス(お湯の中に数滴の酢)してください』と言われたことがあったな(^_^;)

 

ア◯レ化粧品の中のシャンプーやリンスを使う前の措置として、石鹸洗いと酢リンスを勧められたんですが、今現在の【湯シャン】で十分だということを、その時の美容部員さんに言ったら、どんな顔をするだろう?(笑)

 

でも、これだけはハッキリと言えます。湯シャンを進めていくと、クエン酸リンスは不要になってくるということ。頭皮から出る自然な潤いが、髪に潤いをもたらしてくれまるからです。(これを見て『汚い』と思ったあなたには、湯シャンは向いてないと思われます^^;)

 

でも、湯シャンをはじめたばかりで、髪の毛の痛みが気になって、パサつきも多い!という時。髪を伸ばしたい人以外は、傷んだ箇所をカットしてもらうという手があります。

 

筆者はショートボブやショートカットが好き。1~2ヶ月に一度、美容室でカットしているので、比較的痛みが気にならず湯シャンを進めることができています。(リーズナブルな1600円カットです)

 

髪を伸ばしたい!切るのは抵抗がある、というあなたは、毛先だけ、傷んだ箇所だけでもカットしてもらってはいかがでしょうか?だいぶ、髪の毛が落ち着くと思います(^^)

 

ただし、湯シャンの正しいやり方をしないと、また傷んでしまいますので、湯シャンの仕方を守ってくださいね。

 

【正しい湯シャンとは】

①湯シャンの前は獣毛製ブラシで丁寧なブラッシング。

②湯シャンは綿手袋で丁寧に撫でながらお湯で洗い流す

③湯シャンの後はリンス、トリートメント、整髪料を一切つけず、タオルドライ後、早めに乾かす。

 

どうしても髪がパサつく!髪をしっとりさせたい!という方は、椿オイル(100%)などの自然なオイルを1~3滴、髪につけてください。湯シャンしている方で、ワセリンをオススメしている方もいらっしゃいますが、筆者の場合、ワセリンをつけると髪が重くなり過ぎて合わなかったため、ワセリンはオススメしません^^;

 

快適な湯シャン生活で経済的、楽ちんヘアケア(^^)

sponsored link