湯シャン&肌断食!~アラフォー主婦の実録画像

湯シャンと肌断食に2度目のチャレンジの44才主婦。プチ肌断食は2年ほど続け、超乾燥肌になり断念。今回は様々な工夫をし再チャレンジ

ヘナカラーを初体験!白髪対策とヘナと湯シャンの相性

sponsored link

 

ヘナカラー。興味はあったけど、今までは通常の美容室でカラーリングしていました。40才を超えた頃から、生え際の白髪が気になる^^;あと、4ヶ月前にカラーリングした箇所が変色しているのが気になっていました。

 

ただ、去年から湯シャンはじめたし、なるべく自然なもの使いたいなと思って、ヘナカラー買ってみました。湯シャンしている人は、けっこう使ってるみたい。でも、使い方がよく分からないな。。。と思い、いろんなブロガーさんの記事を読んで、チャレンジしてみました。

 

ナイアードの100%ヘナをアマゾンで購入。1000円程度。ヘナカラーをする前の準備物は、汚れてもよい服装、汚れてもよいバスタオル。ジュースの空いた箱。割り箸。100円ショップのシャワーキャップ(使った後、すぐ捨てられるから重宝します)

f:id:kangokyu:20170212120109p:plain

ヘナカラーの使い方は至って簡単。ただし、今回はヘナの粉をお湯(45度程度)で溶いて、30分程度置きました。(私の場合、ヘナ100%なので30分置いた方が色が入りやすいそう)

f:id:kangokyu:20170212115923p:plain

その後は、軽く濡らした髪にヘナカラーをつけていくだけ。

 

そして、ヘナをつけた後は、1時間気長に待つことが大事。冬は温かい部屋で過ごしましょう!ヘナは南国に育つ植物で、髪につけるとヒヤっとしますし、体も冷えてきます。なるべく体を温める飲み物などを飲んで、温かい部屋で過ごすのがポイント。

 

私の場合、頭痛持ちなのでヘナカラーをつけて待機中は、少し頭痛がしました。でも、その頃はもう1時間経った頃だったので、すぐにお風呂に入る準備をして、お風呂で洗い流しました。

 

ヘナをよく洗い流し、その後は、通常の湯シャンの仕方でオッケー。ヘナカラーはかなり洗い流さないと落ちませんし、湯シャンの後はバスタオルに色が付きます。だから、汚れてもよいバスタオルで拭くのがオススメ。

 

気になる生え際の白髪は・・・オレンジ色ですが見事に染まりました!

f:id:kangokyu:20170212120641p:plain

左側の白髪は染まってません(^_^;)右側の白髪はオレンジ色に染まりました。

 

ただし、黒髪の部分はほとんど染まりません^^;うっすらと茶色になったかな?という程度。でも、まぁ全体的な仕上がりとしては満足いきました。

 

ただ、髪のバシバシ感や多少の痛みは気になりますね。でも、私の場合、今後髪を切る予定があるので、傷んだ箇所はすべて切って解決すると思います^^;(ショートカットにする予定)

 

ヘナカラー、準備や1時間待つのが大変だけど、思ったよりキツイ匂いではない(我慢できる程度)、価格も1箱1000円程度、何より自然なカラーだというところが気に入りました。ずっと使い続けるでしょう。湯シャン愛好家ですからね(^^)

sponsored link