湯シャン&肌断食!~アラフォー主婦の実録【画像付】

湯シャンと肌断食に3度目チャレンジ中の45才主婦。プチ肌断食は2年ほど続け、超乾燥肌になり断念。今回は様々な工夫をし再再チャレンジ中です!!

湯シャン、肌に何もつけない生活、再開しました!今度は長続きさせたい!

sponsored link

 

湯シャンをはじめたのは、確か去年の今頃。年末のことでした。

あの時に湯シャンをはじめた理由というのは、

 

毎晩、毎晩、シャンプーで髪を洗うのが面倒だったから

 

こんなものぐさな理由からでした(^_^;)

 

でも、湯シャンをしてみてイイコトいっぱいだったんですね。

 

湯シャン&肌断食は4ヶ月半くらい続けました。

 

髪は早く乾かせるし、抜け毛も少ない。

くせ毛は改善されたし、へんなかゆみもない、快適な地肌になれた!

 

ただし、髪の毛を無理矢理、綿手袋で引っ張りながら洗っていたので、艶がない髪になっていました。

 

一方で、肌の方はというと、肌自体は乾燥もせずとても綺麗になったのですが、顔全体が黒ずみ、汚かったと言えます・・・・

 

なんだかデメリットの方が目立ちますが、それもこれも自分のやり方が悪かったせい。

 

髪は綿手袋で引っ張り過ぎでした。引っ張り過ぎがなければ、これはもう優秀な湯シャラー(?)です。

 

肌は、やはり時々はクレイなどでパックすれば、黒ずみもなかったでしょう。

 

これからは1週間に一度はクレイなどで肌のお掃除したいと思います。

 

シャンプーや石鹸などの洗浄剤を使わない生活とは

 

いま、非接触プログラムにて、シャンプーや石鹸、洗剤を使わないということを徹底しています。

 

私はまぁ、食器を洗う時もお湯で洗ったり、歯磨きもめったに歯磨き粉をつけないなど、なるべく洗浄剤を使わない生活をしてきました。

 

要は、自分もアレルギー体質、そうした界面活性剤入りの洗剤を使っていると、肌にも良くないし、環境破壊にも繋がると考えたからなんですね。

 

食器は油がついた食器でも、新聞紙やキッチンペーパーで拭いてから、熱湯で洗えば汚れがよく落ちます。

 

油のついてないコップやお皿は、ぬるま湯で洗うと汚れはほとんど落ちていて、なんら支障がないです。

 

実家の母も食器用洗剤をなるべく使わない人です。

 

(旦那の叔母は洗濯する時、洗剤を使わないらしい・・・環境破壊だから、お湯だけで手洗いしているらしい^^;)

 

歯磨きもお湯で口をゆすいでから、歯ブラシにもお湯をつけ、ていねいにブラッシングするだけで、よく汚れが落ちます。

 

手洗い。これも石鹸やハンドソープは使いません。まったく支障がありません。

 

バイキンが落ちにくい??いえいえ、手の常在菌を落としてしまうのは、石鹸やハンドソープって知ってましたか?

 

手もお湯で洗うだけで、だいぶ汚れが落ちますから、石鹸やハンドソープは使いません!

 

筆者は、洗濯については、非接触プログラムで推奨されている『トップクリアリキッド』を使おうと思っています。

 

(本当は、洗濯も指定の洗剤を使うことを勧められていますが、いま戴き物の洗剤がたくさんあり、使い切るまでは洗剤を量を減らして使用しています)

 

本来なら、洗濯物についた界面活性剤が肌に悪さをしてしまうということですが・・・・

 

こんな感じで、湯シャン、肌断食を再開しました!!

 

非接触プログラムについて、知りたい方は

hisesshoku-ryouhou.com

こちらをご覧ください。

sponsored link