湯シャン&肌断食!~アラフォー主婦の実録【画像付】

湯シャンと肌断食に3度目チャレンジ中の45才主婦。プチ肌断食は2年ほど続け、超乾燥肌になり断念。今回は様々な工夫をし再再チャレンジ中です!!

汗をかく季節に湯シャンを挫折しないコツ

sponsored link

 

思えば一昨年の今頃の季節に、筆者は湯シャンを挫折しました。

 

汗をかく季節になり、汗でべたべたになった頭皮や身体が

どうしても我慢できなくなり、シャンプーや石鹸を使ってしまったのです。

 

あの時は、湯シャンのやり方を詳しく知らなかったし、

石鹸やボディソープなしの体の洗い方も知りませんでした。

f:id:kangokyu:20180417181648j:plain

軽くここで触れておきますと。。。

 

湯シャンの効果的なやり方

綿手袋で地肌を丁寧に洗い、髪の毛自体は最後に

手袋で優しく梳かしていく感じであらう。

 

(少し熱めのお湯を使うと脂分がよく取れるが

熱めのお湯は髪や地肌にも刺激的なので、

なるべく40度以下のお湯が望ましい、と筆者は考えます。)

 

身体、顔の洗い方

まず、メイクは油性のメイクはしない方が良いのですが、

筆者のようにポイントメイクだけ油性の場合は

手ぬぐいにお湯をつけて、マスカラやアイライナーを

優しくこすると、次第に落ちていきます。

 

薄くファンデーションを塗った肌は、綺麗な手ぬぐいを

お湯で濡らして、優しくふくと油分や汚れが落ちます。

(この時、くれぐれも強くこすらないで下さい)

 

身体も同じように洗います。

綺麗な手ぬぐいで、優しくこすると汚れが落ちてサッパリします。

 

以前の筆者の失敗は、別な記事でも書きましたが、

ずっと同じ綿手袋を使っていたということ。

 

綿手袋を洗わずに使っていたので、油分がずっとついていて

髪の汚れも落ちなくて、髪が束状になっていました・・・

 

あれは正直汚なかった、自分で言うけど(汗)

 

今回は、髪を洗う綿手袋は、毎日洗濯しているので

髪がいつもきれいに洗えるし、周りの人も

まさか筆者が湯シャンをしているなんて思わないでしょう。

 

いま、セルフカットでショートボブくらいなんですが、

髪型も決まってると思うし、湯シャンはこのまま続行できそうです。

 

経済的にも助かっていますし、何よりも嬉しいのが

背中の異様な痒みがなくなったということですね。

 

シャンプーを使っていた時期は、すごく背中が痒かったですから(汗)

 

肌のアレルギーも以前より良くなっていて、

湯シャンはいいことばかりだと思っています。

sponsored link